主婦のキャッシングで気を付けたい夫の収入

2010年より総量規制の法律が施行されたことによって、主婦のキャッシングが厳しくなってしまいました。総量規制では、年収の3分の1までしか借り入れを行うことができません。そのため専業主婦のような収入がゼロである場合は、実質上キャッシングはできないということになってしまったからです。実際、消費者金融の多くでは、収入ゼロの専業主婦の申し込みを断るようになってしまいました。

しかし、では全く主婦のキャッシングは不可能になってしまったのかというとそうではありません。主に二つの救済策があるのです。一つは配偶者貸付と呼ばれるものです。これは夫婦の年収の合計の3分の1までの借り入れを認めるものです。専業主婦の場合は、事実上夫の収入の3分の1までの借り入れが可能であるということです。配偶者貸付の条件は、二人は夫婦であることを証明できることと、夫の同意書、そして夫の収入証明書です。

配偶者貸付における夫の収入で注意したいのは、収入が安定していることです。ある年の年収が非常に高額であったとしても、それが安定せず、上がったり下がったりしているのはあまり印象がよくありません。年収が低くても安定していることが金融機関にとっては信頼につながります。

ただ、配偶者貸付を行っている金融機関はそれほど多くはありません。いくつかの銀行で行っていますが、消費者金融の場合はほとんど行っていないと考えていたほうが良いでしょう。また、消費者金融審査甘い限度額も低く抑えられています。